太陽光分譲ファンドの流れ

太陽光分譲ファンドの流れ活用されていない土地や工場、倉庫、スーパー、公共施設等において大型の太陽光発電に適した設置場所を株式会社ゼックが見つける。

arrow_down

太陽光分譲ファンドの流れ2新たに設立された合同会社を受け皿として、その会社で当該太陽光発電所に投資をしたい出資者の募集をする。

(出資の募集については、金融庁の登録を受けた第二種金融商品取引業者である㈱ゼックが行う。)

arrow_down

太陽光分譲ファンドの流れ3出資を募った合同会社は、その資金で工場、倉庫や郊外の大型店舗の屋根、若しくは敷地に太陽光発電設備を設置する。

(㈱ゼックがその立地、気候、設置場所の形状から最も投資効率の優れた太陽光発電設備を合同会社から依頼を受けて建設する。)

arrow_down

太陽光分譲ファンドの流れ4合同会社は、太陽光発電した電力を全量、20年の間、電力会社に売却し、合同会社は収益を得る。

(太陽光発電の電力買取期間はこのたび20年になりました。)

arrow_down

太陽光分譲ファンドの流れ5合同会社は、受け取った売買収益からメンテナンス費等の必要費を控除した残額(営業利益)を出資者の出資割合に応じて分配金として支払う。

(合同会社では法人税はほとんど課税されず、出資者は分配される配当利益について源泉徴収される)

太陽光投資ファンドに関するお問い合わせはこちら
ページ上部へ戻る