太陽光分譲ファンドとは

概要

市民出資により大型太陽光発電所を建設、発電した電力は電力会社に売電、その収益を受けた合同会社が出資者に収益を分配する仕組みです。

fund-flow

今回の売電事業のためだけの合同会社を設立。
代表社員は社会的にも信用ある公認会計士です。

合同会社ゼロエネ○号は皆様からの出資金を受け入れ
全額を太陽光発電設備に投資します。

発電された電力は「再生可能エネルギー全量買取制度」を利用して
すべて電力会社や特定規模電気事業者(PPS)等に売却されます。

売電収入は一定の運営費用と必要とされる内部留保を差し引き、すべて出資者の皆様に分配されます。

分配の方法

運用費用や必要とされる内部留保を控除した後の分配原資はすべて出資者に分配される仕組みです。
つまり、予想以上に発電をした場合(Ⅱ)、その増加した売電収入は基本的にすべて出資者に分配することになります。
found-graf
太陽光投資ファンドに関するお問い合わせはこちら
ページ上部へ戻る