パネル通電チェックの頻度とそれによって故障が判明するのでしょうか?

パネルの通電チェックは1年に1回を予定しており、それによりパネルの故障は発見可能です。
鹿島灘1号、2号とも48kWシステム4基で192kWを構成しており、それぞれに遠隔監視装置を 設置しています。
8基一斉に全く同じ故障が発生するとは考えにくく、それぞれの発電量を比べることで、 異常の発見は可能です。
下記に遠隔監視の例を示します。
各区画の比較により不具合の発見が可能となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
太陽光投資ファンドに関するお問い合わせはこちら

ページ上部へ戻る