発電設備を作るときにどのような基準でパネルメーカーや施工業者を選びますか。又価格交渉はしっかりとおこなってもらえるのでしょうか?

パネルの種類やメーカーは様々ですが、立地、屋根の向き、その場所の日射量、日射時間や設置角度等によってどの特性のパネルを利用すべきなのか、公的認証機関の認証の有無やこれまでの発電量実績に基づいて判断することと、施工費や設備全体の価格が妥当なのかどうかをしっかりと検証し、投資効率を見極めていきます。
安くても品質を維持できなかったり、高価で高品質でも逆に投資効率が悪くなる可能性を究極まで追求し、施工業者を選定します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
太陽光投資ファンドに関するお問い合わせはこちら

ページ上部へ戻る